【OB OGさん向】兼田先生送別会曲目

【追記】10時半から13時まではUホールにて裏tuttiを開催しております。

曲目は

田園

ブラームス3番 1.4楽章

第九 1.4楽章です。

兼田先生は14時からいらっしゃいますが、もしよろしければこちらにもご参加下さい。


ーーーーー

2月9日

14時〜@Uホール白鷺

・シューベルト交響曲第8(9)番 ハ長調「グレート」

・ベートーベン ミサ・ソレムニスよりサンクトゥス

・フンパーディンク ヘンゼルとグレーテル

ーーーーー


を演奏して兼田先生を送り出そうと思います。多くのご来場をお待ちしています。



また車で来られる方はお手数ですが、氏名、車種、ナンバープレートを添えて下記のメールアドレスまでご連絡お願ます。



――――――

2回 Cb. 里明起照

arifureta_yakumi@icloud.com

――――――


勇気をくれた侍スライス

こんにちは。

実はお笑い大好き人間、団長の合川です。


僕は団長の他にも、下振り(指揮者の先生が練習に来られない日に、代わりに練習を仕切る人)の職を担ってきましたが、昨日その職を終えました。あとはヴィオラ奏者として、演奏会まで残り数日、精一杯頑張ります!…とその前に、題名の「侍スライス」って何ぞや?と気になって僕の話が入ってこないという人が多いかもしれませんね。


[侍スライス]

侍スライス(さむらいすらいす)は、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属のお笑いコンビ。東京NSC17期生。

(ウィキペディアより引用)


侍スライスは、コンビ結成一年目の漫才師です。先日行われたM1グランプリの敗者復活戦にて初めて拝見しました。

彼らの特徴は、「二人とも中卒である」ということ。中卒で、言葉を扱うプロである漫才師を職業に選ぶとは…本当にすごいと思います。


そんな侍スライスに、僕はとても感銘を受けました。どこに?それは、冒頭に述べた下振りと関わってきます。


僕は下振りをこの半年間務めてきましたが、音楽を始めたのは大学に入ってからです。そのために、勝手がわからず、僕が仕切る練習はなかなかグダグダなものだったと思います。正直、きついな、逃げ出したいなと何度も思うことがありました。


そんなときに目にした「侍スライス」。中卒、結成一年目でも、頑張ればあのM1グランプリで準決勝まで残ることができる。そして何より、ネタがめちゃくちゃおもしろい!一瞬でファンになりました。そして、人間なんでもやろうと思えばできるんだ、僕みたいなズブの音楽初心者でも下振りをこなせないことはないんだと、とても勇気をもらえたという事の顛末です。

もちろん、僕が下振りを最後までこなすことができたのは、先輩方、後輩たち、そして同回生の支えがあったからこそです。が、勇気を与えてくれた侍スライスもみなさんに知ってほしくてブログに書くことにしました。

侍スライス、みなさん是非注目してみてくださいね!


そして!侍スライスだけでなく明後日にある僕たちの定期演奏会にも是非注目してください!


12/22(土)、17時開場、18時開演。

河内長野市のラブリーホールでお待ちしています!


僕が好きなのはチャイコフスキーだけどチャイコフスキーじゃない

こんにちは!

クラリネットパート☆2回生指揮者の山本裕貴です!!


ブログを書くのは初めてなので、軽く自己紹介を…

僕は、工学域物質化学系学類の2回生で、今年からマテリアル工学課程に所属しています。僕自身関西出身ではなく、広島県広島市出身で、府大に入って関西に来ました。裕貴という名前ですが、ユウキではなく、ヒロキと読みます。(よく間違えられます…笑)

楽器経験は、中学校で吹奏楽部でクラリネットを始めて、それから現在までずっと続けています。中高6年間男子校だったので、吹奏楽部の部員はフルートからチューバまで全員男だらけでした。(今考えるとその光景って本当にすごい…)


月曜日から本番1週間前の集中練が始まりました!

この1週間は本当に(体力的にも精神的にも)大変な期間ですが、本番で納得のいく演奏ができるように頑張ります!!


冒頭にも書いたように、僕は今年から学生指揮者をさせてもらっていて、今回の定期演奏会ではopとsubを振らせていただきます!!そのため、プログラムの曲目解説も僕が書かせていただいたのですが、固めの文章でマジメな内容だと思うので、このブログをご覧になった人には一足先に、自分なりの言葉で(指揮者の視点も踏まえて)2曲の魅力をお伝えしようと思います。


op

交響的前奏曲 (プッチーニ作曲)

かなりマイナーな曲です。おそらく、演奏会に足を運んでいただいた方のほとんどは、この曲を聴くのが初めてという方も多いと思います。

でも、本当にキレイな曲なんです!!

プッチーニが若い頃の作品で、彼は当時高い評価を得ていたワーグナーの作品の影響を受けたのか(受けてないのか)、幻想的な雰囲気を持っています。

そして、何と言っても後の時代に「トゥーランドット」等のオペラを数多く書いたプッチーニだからこそ生み出せる美しいメロディが、そんな空気感の中で奏でられるのです(*´∀`*)

美しく、ときに力強いこの曲の魅力をお客様と少しでも共有できる演奏ができれば、と指揮者は思っています。




sub
組曲「くるみ割り人形」より (チャイコフスキー作曲)
ちょうど、ディズニーの「くるみ割り人形」の映画が公開されて、メチャクチャタイムリーなタイミングで本番を迎えますね!
「くるみ割り人形」と言えば、どれも有名な曲ばかり。みなさん一度は聞いたことのあるメロディが詰め込まれたこの曲は、まるでチャイコフスキーが後世に遺した「おもちゃ箱」のよう。一曲の中に、ここまでメジャーな曲が詰め込まれている、というのは良い意味で異常な曲だな、と思いながらいつも指揮しています。
今回の演奏会では、組曲の中から「小序曲」「行進曲」「トレパック(ロシアの踊り)」「葦笛の踊り」「花のワルツ」の5曲を抜粋して演奏します。どれも名曲ですし、ほとんどの楽器に見せ場があるので、その点でも注目していただけると面白いと思います!
特に、個人的な話になりますが、小学生の頃から大好きだった花のワルツは、最初は指揮できるか不安だったのですが、今はとても楽しく振れています! 本番ではオケで演奏してくれるみんなも、お客様も、会場にいる人全員で楽しくなれるような演奏がしたいです!!




かなり長くなってしまいましたが…
これを読んで、少しでも演奏会が待ち遠しくなったお客様がいれば、すごく嬉しいです!


あと3日!全力で頑張ります!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!!


歴史を刻めなかった者

皆さん、おはようございます。こんにちは。こんばんは。ファゴットパートの村上俊哉です。

2回生で、他大学から来ました!元々、吹奏楽部で慣れないところもありますが!元気いっぱい!キャラ濃い男でやっていきます!!


本日は…なんと、初めて「歴史を刻め」に食べにいきましたよ!

野菜マシマシにして、「いざ、勝負!」までは良かったのですが…始めの勢いはどこに行ったのか…ラーメンをすする勢いの失速。油での胸焼け。そう…歴史を刻めなかったのですよね。

次!リベンジする気力があれば!ニンニク少なめでチャレンジします!👍

え?野菜マシマシは?と考える人もいると思いますが、あれは食べれません…食べれる人と言えば、朝青龍くらいでは?と心で思ってます。


1ヶ月+4日後、何がありますか?そうですね!定期演奏会ですよね?大丈夫ですか?予定は空けましたか?皆さん見に来てくれることを楽しみにしてます。

僕自身、10月に入ったピッカピカの男の子ですので、opでしか見れませんのでレアですよ!!

長々と失礼しました。コタツで眠ってきます。


定演まで残り約二ヶ月

はじめまして、ヴィオラパート、1回生の坪野洸輝です。


ブログを書くのは初めてなので軽く自己紹介をしたいと思います。私は生命環境科学域の理学類(旧自然科学類)に所属しております。楽器等の経験は全く無いので、正真正銘の初心者です!!楽譜を読むのにも一苦労です…


最近は金木犀の香り、秋の虫の音色、半袖では少し肌寒い気候と、五感でも秋の訪れを感じております。

暑い日が来たと思ったら急激に冷え込み、かと思えば昼は暑かったり、体調を崩しやすい時期なので皆さん、お気をつけて下さい…


長い長い夏休みも終わり、本格的に後期の授業も始まっています!必然的に夏休みと比べて練習出来る時間は少なくなっておりますが、私たちオーケストラ部は約2ヶ月後に控えている定期演奏会に向けて日々頑張っています。(もちろん商人祭りに対してもですが)

夏休みの始まりから演奏会の楽曲を練習し始めたので、今の時期が丁度折り返し地点となると思います。一日一日、自分に出来ることを見つけて、精進して行きましょう!!

今回は、ここで筆を置かせて頂きますね。

秋の夜風に身を委ねながら…


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
sponsored links
次回演奏会のお知らせ
大阪府立大学交響楽団
第54回定期演奏会
日時:2017年12月9日(土) 18時開演予定 入場無料
場所:大阪狭山市文化会館 SAYAKAホール
南海高野線「大阪狭山市」駅より徒歩3分
曲目
  • チャイコフスキー 交響曲第5番
  • ドヴォルザーク 交響曲第8番
  • ベートーヴェン 序曲『コリオラン』
指揮:高原朗,岡田健嗣
入場無料・整理券不要

大阪府立大学交響楽団公式ホームページ(サイトURLが変更になりました。お気に入りやブックマークなどに登録されている方は、お手数ですが設定変更をお願いいたします。)
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM